土地の有効活用

土地の有効活用

目安として、最低16mx16m=256㎡(約78坪)の土地面積がありましたら、風車設置及び建設ヤードとしての土地の有効活用が可能です。その他、設置条件としては、周辺環境において搬入経路(道路幅4~5m程度)の確保、及び系統連系するための電柱が必要となります。

【売電額比較(20kW風車1基設置可能な場合)】

【売電額比較(20kW風車1基設置可能な場合)】
※年間差益 4,708,000−2,628,000=+2,080,000(円/年)

活用例

  • 農地転用手続きが不要な農地近隣の遊休地
  • 工場・倉庫敷地内の空いている未利用地・遊休地
  • 森林又は緑地で開発事業に関連する残置森林等の未利用地
農業などの本業との併用が可能であり、開発許認可が比較的少ない

全国風況マップ

推奨設置
場所
  • 外洋に面した海岸沿い(岬、離島などを含む)
  • 山から吹き下ろす風を受けるところ(山の麓)
  • 山の尾根や山頂などの高いところ
立地要件
  • 連系可能な容量を持つ電柱が近くにあること
  • 重量物・長尺物の運搬可能な
    道路・港湾の利用可能な場所

全国風況マップ凡例

全国風況マップ

GHRE19.8J風車

GHRE19.8J風車の設置面積と騒音

◎寸法と設置面積
  • 1台設置するためには最低16m×16m=256㎡(約78坪)の土地が必要です。
  • 風車建設時には、さらにクレーン車等の重機を置くスペースが必要です。
  • 複数台設置の場合、土地の形状や風向が大きく影響しますので、ご相談ください。
◎距離と騒音

距離と騒音近隣の住宅などからは、100m程度、離してください。

GHRE19.8J風車